プリウスα ホイール交換によるカスタム化とポイント

この記事は4分で読めます

tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price

jstyle2

第1回 プリウスα 新型 最新情報(2015-2016)
第2回 プリウスα モデルチェンジ予想(新型プリウス発売を受けて)
第3回 プリウスα(新型)の評価のまとめ
第4回 プリウスα カスタム化(内装)のポイント
第5回 プリウスα 車中泊のポイントと対応グッズについて
第6回 プリウスαを最安購入するための秘策
第7回 中古 プリウスαを最安・希望条件で購入する方法


ホイール-1

プリウスαに限らずホイール交換は
エアロと並んでカスタム化の王道です。

プリウスαは全車に純正のアルミホイールが
装着されていますが、交換するとすれば
どんなことに気をつければいいのでしょうか。

ここでは、プリウスαのホイール交換による
カスタム化のポイントに迫ってみたいと思います。

new-01


【関連記事】 (別窓で開く形式となっています)


適合ホイール・タイヤサイズとインチアップ

【純正ホイールサイズ】

プリウスαにはツーリングセレクション系で215/50R17、
その他は205/60R16のタイヤを履いています。

だから、基本は同じサイズでホイールを交換すればいいわけです。

【インチアップ】

しかし、見た目を大きく変えようと思えば
インチアップも有効な手段です。

この場合、理論的には20インチまでインチアップ可能ですが、
最低でも35扁平のタイヤが必要になりますから、あまり
現実的ではありません。

19インチにしても40扁平で適合するタイヤは
幅が足りないのでグリップに不安がありますから、
235/35くらいのタイヤは履かないといけないでしょう。

そうなると現実的なインチアップは18インチあたりで、
タイヤサイズは225/45あたりでしょうか。

【インチアップのメリット・デメリット】

インチアップすると扁平率の低いタイヤになるので、
タイヤの剛性が上がりレスポンスが向上します。

そして何よりもタイヤの露出部分が減りホイールの
面積が相対的に増えるので見た目が断然よくなります。

しかし、その一方で、向上した剛性は路面の凹凸を
よりダイレクトに車体に伝えることになります。

だからサスペンションの能力が不十分であると
車体へのダメージも大きく、走行性能や
乗り心地も大きく損なわれます。

また、タイヤとホイールを合わせた重量は
確実に増加するので燃費は悪くなりますし、
タイヤの接地面積自体は狭くなりますから、
タイヤの摩耗も激しくなります。

ホイールのデザイン

アルミホイールといってもデザインは様々です。

ここでは、主な種類とその特徴についてまとめてみます。

本当は鍛造と鋳造の違い、
1ピース、2ピース、3ピースの違いもあるのですが、
とりあえずデザイン中心に考えて問題ありません。

また、オフセットといってホイール中心と取り付け面
とのずれも重要なポイントですが、そこはネットでも
プリウスα対応と明記されていますから大丈夫でしょう。

【スポークタイプ】

ホイールの中心から外側に向けて数本のスポークが
伸びるタイプで、最も数が多く、値段も比較的
リーズナブルです。

強度を確保するだけのスポークを用意すれば
いいわけですから基本的に軽量で、隙間が
多いので放熱性も高いのが特徴です。

【メッシュタイプ】

スポークが交差して網目のようになったもので、
一般的にスポークタイプより剛性は高いのです。

しかし、網目をデザインするために余分の
アルミを使いますから重量がかさむ傾向があります。

値段も当然高めです。

【フィンタイプ】

スポークタイプのスポークを増やしてフィン状にしたものです。

高級感は出ますが、当然重量はかさみます。

【ディッシュタイプ】

中心が大きな円盤状になったデザインで、
空気抵抗が小さいのがメリットです。

ただ、放熱性が悪くなるのでディッシュの一部は
切り欠くデザインになっています。当然重くなります。


ホイールのカスタマイズは見た目が勝負ですから、
ある程度のインチアップは考えてみてもいいと思います。

また、機能だけを言えばスポークタイプが優位なのですが、
この際デザインの方が重要です。

だから、プリウスαやエアロとのマッチング、
そして予算を考えて、納得できるホイールを
選ぶといいのではないでしょうか。

プリウス、プリウスαを最安で購入する方法

昨年末に新型プリウスが発売され、プリウスαのモデルチェンジにも注目が集まっています。

プリウスの値引きについても発売当初と比べるとこなれてきており、現在の値引き相場は15万円から20万円の間といったところです。また、プリウスαについてはモデル末期ということもあり30万円程度は狙える状況になっています。

しかし、これからご紹介する方法を使えば、車両本体価格からの値引きだけでなく、限界値引きから更に55万円以上安く購入することが可能です。

なぜか?

その詳細について別記事で説明していますので一度目を通して頂ければと思います。

>>> 詳細はこちらから!

既に活用されている方もいらっしゃいますが、まだまだ一般的にはなっていないのが現実です。

家に居ながらにしてほんの数分で済む方法で、気に入らなければ活用しなければ良いだけです。

下記の記事で詳細に説明していますので、
一度目を通して頂くことをオススメします。

>>> 詳細はこちらから!

 


>>>  目次ページに戻る


「プリウスα ホイール」関連記事
下記スポンサードリンク下の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

old-01


tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。