プリウスα カスタム画像とピックアップのポイント

この記事は3分で読めます

tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price

jstyle2

第1回 プリウスα 新型 最新情報(2015-2016)
第2回 プリウスα モデルチェンジ予想(新型プリウス発売を受けて)
第3回 プリウスα(新型)の評価のまとめ
第4回 プリウスα カスタム化(内装)のポイント
第5回 プリウスα 車中泊のポイントと対応グッズについて
第6回 プリウスαを最安購入するための秘策
第7回 中古 プリウスαを最安・希望条件で購入する方法


custom-gazou

プリウスαはそのままでも十分にスタイリッシュですが、
特に外観をカスタム化すると自分だけのフォルムを
手に入れることができます。

ここではプリウスαに関するカスタム画像を紹介しながら、
プリウスαのカスタム化のポイントに迫ってみたいと思います。

new-01


【関連記事】 (別窓で開く形式となっています)


スポイラーバンパー

エアロのカスタム化なら、まずはスポイラーバンパーです。

【NOBLESSE プリウスα用 エアロ】

スポイラーバンパー1

ライト下部の迫力と、フロントグリル下のメッシュが特徴的です。

このエアロは最低地上高が純正とほとんど変えていないので、
段差等でこする心配もありません。

(といっても写真はローダウンしているようですが)し、
純正のサイドステップと一体的にデザインされているのも
コスト面では魅力です(サイドステップを交換する必要がない)。

【ZVW40プリウスαKUHLHYBRIDエアロ】

スポイラーバンパー2

ライト下のボリューム感とウインカー前面のダクトのフィン、
それに対して段差のあるフロント下部のメッシュ部分との
コントラストが何とも言えません。

フルエアロキットなのでサイドステップとの一体感感と
最低地上高を思いっきり下げてますので迫力がります。

写真ではよくわかりませんが、リアリップスポイラーの
立体感のあるデザインもなかなかのものです。

【REGINA フリントスポイラー】

スポイラーバンパー3

ライト下のデイライト3×2灯とウインカー部分ダクトの
局面を帯びたフィンが特徴的で、このスリットは
フロントセンターまで伸びて、柔らかいフォルム
を醸し出しています。

写真の車はサイドステップとおそらくローダウンサス
まで組み込まれているようで、ヨーロピアンな仕上がり
がいいですね。

【SIXTHSENSE フロントバンパースポイラー+リップスポイラー】

スポイラーバンパー4

LEDデイライトは別売のようですが、
これを見ると絶対つけたいところですね。

ここまでくると、プリウスαの雰囲気とは全然違う
コンセプトです特にバンパー中央から下部にかけての
デザインが特徴的で、別売のリップスポイラーの
アクセントがいいですね。

フロントリップスポイラー・ハーフスポイラー

リップスポイラー・ハーフスポイラーだけでも
かなりのカスタム化になります。

【AMS フロントハーフスポイラー】

フロントリップスポイラー1

これってリップスポイラーに分類していいのでしょうか。

少なくともプリウスαの純正のスポイラーに装着する
タイプではありますが、ウインカー部分のダクトの
迫力はバンパースポイラーでもあまり見かけない迫力です。

この画像のプリウスαは、当然ローダウンしている
と思われますが、なかなか押し出しが強く、
存在感を主張していていいですね。

【ROJAM フロントリップスポイラー】

フロントリップスポイラー2

これでもフロントリップスポイラーです。

特にフロントタイヤハウス前の意匠が目を引きますね。

ライト下の突起がの迫力があり、これもROJAMの
サイドステップと一体となったでデザインがいいですね。

【IDEAL ハーフエアロ】

フロントリップスポイラー3

リップスポイラー両側の突起が特徴的で、
これだけで存在感を発揮しています。

全体的に端正なイメージで、やはりIDRALの
サイドステップとの一体感もなかなかです。


写真でプリウスαのカスタム画像をいくつか紹介してみましたが、
同じプリウスαでも全く違う車に見えますね。

プリウスαは、フルエアロで安いものなら10万円程度から
購入可能ですから、カスタム化の効果を考えればエアロの
組み込みを試してみたいところですね。

プリウス、プリウスαを最安で購入する方法

昨年末に新型プリウスが発売され、プリウスαのモデルチェンジにも注目が集まっています。

プリウスの値引きについても発売当初と比べるとこなれてきており、現在の値引き相場は15万円から20万円の間といったところです。また、プリウスαについてはモデル末期ということもあり30万円程度は狙える状況になっています。

しかし、これからご紹介する方法を使えば、車両本体価格からの値引きだけでなく、限界値引きから更に55万円以上安く購入することが可能です。

なぜか?

その詳細について別記事で説明していますので一度目を通して頂ければと思います。

>>> 詳細はこちらから!

既に活用されている方もいらっしゃいますが、まだまだ一般的にはなっていないのが現実です。

家に居ながらにしてほんの数分で済む方法で、気に入らなければ活用しなければ良いだけです。

下記の記事で詳細に説明していますので、
一度目を通して頂くことをオススメします。

>>> 詳細はこちらから!

 


>>>  目次ページに戻る


「プリウスα カスタム」関連記事
下記スポンサードリンク下の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

old-01


tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。