プリウスα モデルチェンジ予想(新型プリウス発売を受けて)

この記事は3分で読めます

tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price

jstyle2

第1回 プリウスα 新型 最新情報(2015-2016)
第2回 プリウスα モデルチェンジ予想(新型プリウス発売を受けて)
第3回 プリウスα(新型)の評価のまとめ
第4回 プリウスα カスタム化(内装)のポイント
第5回 プリウスα 車中泊のポイントと対応グッズについて
第6回 プリウスαを最安購入するための秘策
第7回 中古 プリウスαを最安・希望条件で購入する方法


priusalpha-modelchange-t

プリウスがいよいよモデルチェンジして12月9日に発売されました。

となると気になるのはプリウスαのモデルチェンジの動向です。

というのもプリウスαはその名のとおりプリウスの派生車種で、プリウスと同じ新MCプラットフォームを採用し、ハイブリッドシステムも同じTHS2を採用しているからです。

ここでは、そんな気になるプリウスα モデルチェンジ情報に迫ってみます。

new-01

プリウスのフルモデルチェンジ

【THS3を採用JC08モードがリッター40キロに】

new-prius-nenpi-408

新型プリウスが発表されて、事前情報は流れていたものの、新しいハイブリッドシステムであるTHS3の採用などによりJC08モードが一部グレードとはいえリッター40キロに達したのには改めて衝撃を受けました。

 

現行プリウスの一番燃費のいいグレードでも32.6キロですから、2割を超える改善で、同じトヨタのアクアや、軽自動車ナンバーワンのアルトのリッター37キロを上回る圧倒的な燃費を実現してしまったのです。

new-prius-nenpi-history

【スタイリングの一新】

新型プリウスで燃費と同じくらいに話題になったのは、そのスタイリングです。

3代目プリウスは2代目のイメージを色濃く継承していましたから、我々にも「プリウス像」のようなものが形成されていました。

しかし、今回はそのスタイリングを一新し、まるでクーペのようなフォルムで、ヘッドライト、テールランプとも非常に斬新なデザインになっています。

priusalpha-modelchange-01

priusalpha-modelchange-02

【TNGAプラットフォームの採用】

新型プリウスではこれまでの新MCプラットフォームからTNGAプラットフォームに変更になりました。

このTNGAプラットフォームの特徴は動力系の低重心化、ボディ剛性の向上、広い室内空間の実現、そして、様々な車両やサイズに適合できることで、リアサスペンションにもダブルウィッシュボーンを採用することも可能になっています。

new-prius-doublewishbone

priusalpha-modelchange-03

プリウスαのフルモデルチェンジ

【フルモデルチェンジ】

現行のプリウスαについては、これまで、2017年もしくは2016年にモデルチェンジが行われるという噂がある一方で、エスティマとの車種統合という情報も入ってきていました。

そんな中で、最新の情報によると、どうやらプリウスαの名前を残して、2016年末から2017年はじめにフルモデルチェンジが計画されているようなのです。

プリウスαは2014年11月にビッグマイナーチェンジをしてフロントを中心にスタイリングを一新したばかりですから、それから2年少し、ちょうどいいタイミングと言えるかもしれません。

【新型プリウスαを予想する】

現在のところ、新型プリウスαの正確な情報はありませんが、プリウスベースのワゴンというコンセプトは変わらないようです。

当然THS3など、新型プリウスに採用された新技術は搭載されますから、燃費はリッター30キロはゆうに上回り、おそらく32キロくらいまでいくことが期待できますし、TNGAプラットフォームの採用で室内空間も広くなるものと思われます。

TNGAプラットフォームは設計の自由度が高いので、予想以上に広くなる可能性だってあるのです。

動力系も低重心化され、足回りも独立懸架化されますから、走行性能の面でも期待できます。

当然プリウスに搭載された4WD車もラインナップに加わってくるものと思われます。


プリウスαのフルモデルチェンジについては、そろそろ情報が出回りはじめました。ただ、現在のところ確定した情報ではありません。

また、新型プリウスの市場での反応がフィードバックされるはずですから、今後の情報を注視していきたいところですね。

プリウス、プリウスαを最安で購入する方法

昨年末に新型プリウスが発売され、プリウスαのモデルチェンジにも注目が集まっています。

プリウスの値引きについても発売当初と比べるとこなれてきており、現在の値引き相場は15万円から20万円の間といったところです。また、プリウスαについてはモデル末期ということもあり30万円程度は狙える状況になっています。

しかし、これからご紹介する方法を使えば、車両本体価格からの値引きだけでなく、限界値引きから更に55万円以上安く購入することが可能です。

なぜか?

その詳細について別記事で説明していますので一度目を通して頂ければと思います。

>>> 詳細はこちらから!

既に活用されている方もいらっしゃいますが、まだまだ一般的にはなっていないのが現実です。

家に居ながらにしてほんの数分で済む方法で、気に入らなければ活用しなければ良いだけです。

下記の記事で詳細に説明していますので、
一度目を通して頂くことをオススメします。

>>> 詳細はこちらから!

 


>>>  目次ページに戻る


「プリウスα」関連記事は下の「関連記事」欄でご覧になれます。
         ↓↓

old-01


tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。