プリウスα 新型 最新情報(2015-2016)

この記事は4分で読めます

tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price

jstyle2

第1回 プリウスα 新型 最新情報(2015-2016)
第2回 プリウスα モデルチェンジ予想(新型プリウス発売を受けて)
第3回 プリウスα(新型)の評価のまとめ
第4回 プリウスα カスタム化(内装)のポイント
第5回 プリウスα 車中泊のポイントと対応グッズについて
第6回 プリウスαを最安購入するための秘策
第7回 中古 プリウスαを最安・希望条件で購入する方法


現行プリウスは2009年の発売から6年が経過し、
2015年もしくは2016年初めには、
フルモデルチェンジが噂されています。

プリウスαは現行プリウスに遅れること2年、
2011年に発売されました。

プリウスαは発売開始からまだ4年しか経っていませんが、
プリウスの派生車種なのでその動向が気になるところです。

ここではそんなプリウスαのフルモデルチェンジ及び
マイナーチェンジの最新情報に迫ってみます。

(追記)
2015年9月9日、新型プリウスの発表が行われました。
下記の記事で画像を含めてご紹介していますので、
そちらの記事も合わせてご覧ください。
>>> プリウス 新型(4代目)の発売日は2015年年末に決定

(追記2)

2015年12月9日から新型プリウスの発売が開始されました。
プリウスαのモデルチェンジについて予想してみました。
そちらの記事も合わせてご覧ください。
>>> プリウスα モデルチェンジ予想(新型プリウス発売を受けて)

new-01

プリウスのフルモデルチェンジ

【JC08モードがリッター40キロに】

最新情報によると、プリウスのフルモデルチェンジは、
2015年11月発売の方向のようです。

プリウスのフルモデルチェンジの主な変更点は、
ハイブリッドシステムが現行のTHSⅡからTHSⅢに変更され、
エンジンとトランスミッションの効率向上とあいまって、
JC08モード燃費が40km/Lに達するようです。

現行プリウスがリッター30.4キロから32.6キロですから
驚くべき進化と言っていいでしょう。

【スタイリングを一新】

また、スタイリングの面でも大きな変化があるようです。

現行3代目プリウスは2代目のイメージを色濃く残していましたが、
高い空力特性を実現しつつ現行プリウスより広い室内空間を確保する
ということで、スクープ映像を見ると、まるでクーペのような
端麗なフォルムですね。

newprius2015

プリウスαのモデルチェンジの時期・予想

【フルモデルチェンジ】

プリウスαは2014年11月にビッグマイナーチェンジをして
フロントマスクを中心にスタイリングをリファインしたばかりです。

また、新型プリウスの内容の充実具合を考えると
4代目プリウスの発売当初は注文が殺到することが考えられますから、
同時期のフルモデルチェンジは考えられないのではないでしょうか。

最近のトヨタのモデルチェンジ周期から考えると、発売から6年後、
2017年あたりのフルモデルチェンジになるのではないかと思われます。

しかし、一部には2016年という噂もあるようです。

プリウスαのフルモデルチェンジの際には、ハイブリッドシステムを
THSⅢに変更するなど次期4代目プリウスと同様の技術が投入される
と思われます。

だから、燃費もリッター30キロを大きく超えて
32キロ程度になることが予想されます。

【マイナーチェンジ】

仮に2017年あたりにプリウスαのフルモデルチェンジがあるとすれば、
今後は2014年11月のようなビッグマイナーチェンジはあり得ず、
一部改良と特別仕様車の投入ということになるのではないでしょうか。

そして、それは2015年後半か2016年になるものと思われます。

【エスティマとの統合】

しかし、これは普通に考えた場合です。

というのも、プリウスαとエスティマの統合という情報があるからです。

エスティマは現行の3代目が発売から9年を経過し、
2016年にもフルモデルチェンジという噂でした。

しかし、2016年に実施されるのはビッグマイナーチェンジとのことです。

パワートレインは新型アルファード、ヴェルファイアに
搭載されている2.5リッターエンジンとハイブリッドシステムに
置き換えられ、3.5リッターエンジンは廃止されるというのです。

そうなると、それから数年は生産が継続されることになりますが、
何と、その後はプリウスαと統合されるというのです。

もしこれが事実なら2017年あたりに予想されるフルモデルチェンジも
不透明になりますし、場合によってはプリウスαという名前も
どうなるかわかりませんね。


プリウスのフルモデルチェンジについては
いろいろな情報が入ってきています。

しかし、プリウスαについては、ビッグマイナーチェンジから
日が浅いこともあって、確定的な情報には乏しいのが現状です。

ただ、プリウスに採用された新しい技術は
次期プリウスαには必ず採用されますから、
まずは新型プリウスの情報に注目したいところですね。

そして、もっと気になるのはエスティマとの統合という情報です。

これも事実であれば徐々に情報が流れてくるはずですから、
こちらにも注目しておきましょう。

現行のプリウスαですが、最近では車両値引き額でも30万円引き
が珍しくないようです。

※ 2015年のモデルチェンジから1年が経過し、
  現在では20万円の値引きが期待できるレベルになりました。

しかし、ここで満足しないで下さいね。

更に55万円以上安く購入できるかもですよ。

その方法をご紹介します。

プリウスαの値引きを最大化させる秘策

プリウスαを含めた自動車は人気車であったり、
発売開始直後には値引きが引き締められますね。

発売開始とともに値引き額が緩むとはいえ、
余程な不人気車やモデルチェンジ直前でなければ
40万円以上の値引きは難しいでしょう。

しかし、これからご紹介する方法であれば、
上記のことは全く関係なく、値引きを上乗せ
することが可能となります。

既に活用されている方もいらっしゃいますが、
まだまだ一般的にはなっていないのが現実です。

家に居ながらにしてほんの数分で済む方法です。

気に入らなければ活用しなければ良いだけです。

下記の記事で詳細に説明していますので、
一度目を通して見てください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい

 


>>>  目次ページに戻る


「プリウスα 新型」関連記事
下記の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

old-01


tokushuu-05-custom tokushuu-06-oldcar
tokushuu-03-nenpi tokushuu-01-hyouka
tokushuu-02-shingata tokushuu-04-price
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。